ペットの水にもウォーターサーバーが利用されている理由とは

水道水がまずくなってきたと言われて久しくなりました。われわれの口が贅沢になったのか。それとも本当に水道水がまずくなったのか。その原因はさておき、水道水離れに拍車をかけたのが東京電力の福島第一原発からの放射能汚染でした。水と安全は無料だといわれていた日本ですが、その安全神話ももろくも崩れ去り、特に関東ではウォーターサーバーを利用する家庭が増えています。それにともなってペット 水にも木を使う家庭も増えているようです。

・ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーは、大容量で、たっぷりと水が使える上に、電話一本で補充しに来てくれるなどメリットがあります。しかし、同時にウォーターサーバーならではのデメリットも存在します。

サーバーを導入するに当たっては比較検討も重要な要素ですから、デメリットも紹介しておきましょう。

■一定期間で、温度調整のモーター音が響く
普段は、無音のウォーターサーバーですが、温度調節の為に、ブーンと運転し始める時があります。普段は、気にならないですが、寝静まった夜には、結構気になる人もいるかも知れません。寝室にウォーターサーバーを設置したり、ワンルームマンションの場合は、夜中は地味にうるさいかもです。

■男手がないと、容器はかなり重い。
ウォーターサーバーの容器は、9L?18.9Lとかなり重いものです。ですから、男手がないと、キツイかも知れません。特に、不在中に配達が来た場合には、自力で、容器を自宅まで運びこむのは重労働です。ご老人や、女性のような、腕力が低く、身長が低い方の場合には、腰を痛めたりする原因にもなるので注意が必要です。最近では、7Lの容器も登場したりと女性やお年寄りでも安心して扱えるようなサイズのウォーターサーバーも登場しています。

こういった、例は、実際にサーバーを導入してみないと分からない事ですので、一応、頭の片隅に入れておいて下さい。

このブログ記事について

このページは、Nickが2013年4月 7日 15:07に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「ペットの水にもウォーターサーバーが利用されている理由とは その2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。