ペットの水にもウォーターサーバーが利用されている理由とは その2

| コメント(0)

ペットの水にも丁度良いかもしれないという理由でウォーターサーバーを導入する家庭もあるようですが、ペットのせいでトラブルなんていうことがあるのもウォーターサーバーです。特に猫がいる家庭は要注意。猫が首を伸ばして注ぎ口のところを舐めちゃうなんていうトラブルがあります。お水の衛生面から考えるとこれは問題ありですね。ペット 水専用ならまだしも、人間用と共用ということになると問題ありです。

・ウォーターサーバーのデメリット

コンビニやスーパーのミネラルウォーターに比べて、様々なメリットがある、ウォーターサーバー。特に、東日本大震災以降、災害時の水確保の方法として、ウォーターサーバーの契約者数は大幅に増加しています。しかし、そんなウォーターサーバーにも、デメリットは、あります。

導入する前に、その点も検討してみましょうね。

■量販店の格安ミネラルウォーター
近年は、格安で、ミネラルウォーターを販売している水屋さんが、各地で開業しています。地域によっては配達してくれる店もあり、機械を入れる、ウォーターサーバーよりも値段が割安になる点は否めません。

■空ボトルの回収そびれ
ボトル回収方式の場合、あくまで配達ついでにボトルを回収してくれるので、まめに回収してもらうという事は出来ません。また、外出の際に、配達してもらう場合、外に出し忘れると、次にお水を注文するまでは、家の中に溜まってしまいます。最近では、ワンウェイ方式(各家庭で空き容器を処分するタイプ)が増えています。

■ペットのネコに注意
ネコを飼っている家庭の場合、ネコがサーバーの注ぎ口を舐めるという事が起きるそうです。ネコの舌は、雑菌だらけなので、ネコが注ぎ口を舐める事がないように対策を講じましょう。

上記の事は、実際にサーバーを入れてみないと気付かない事も多いですので、頭の片隅に入れておきましょう。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Nickが2013年4月 7日 16:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペットの水にもウォーターサーバーが利用されている理由とは」です。

次のブログ記事は「ペットの水もウォーターサーバーの一つの用途ですが」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。